この花なーに・・・

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 エントランス前に突如咲いた花の紹介です。 以前から植えてあったのですが、今年初めて咲きました。 一見すると菜の花のような気もしますが・・・・ 詳しい事は誰もわかりません・・・誰か教えて~ fromカン

続きを読む

島らっちょう

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 今日はこれから旬の島らっきょうのお話です。 島らっきょうの特徴は、本土のらっきょうより小振りで、ニオイもとても強烈です。 沖縄では島らっきょうのチャンプルーや、島らっきょうの浅漬け、島らっきょうの天ぷら、 島らっきょうのキムチ漬けなど色々な食べ方があります。 島らっきょうは素材の風味を活かすために若いうちに収穫して生で、 軽く塩を…

続きを読む

比屋定バンタ

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 今日は久米島の絶景ポイントのご紹介。 比屋定バンタ バンタとは絶壁の事です。 崖下にエメラルドグリーンの美しいさんご礁の海を見ることができます。 晴れていれば遠く、粟国島(あぐに)、渡名喜島(となき)、 慶良間(けらま)諸島などが見える、海抜200mの断崖絶壁。 しまんちゅが言うには年に数回ですが那覇の灯りも見えるそ…

続きを読む

イーフビーチ

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 イーフビーチは久米島の中でも屈指のビーチ。 白い砂浜が延々と続きます。 海の透明度も高いのですが、どこまでも遠浅。 なのでビーチは海水浴かマリンスポーツをするのには最適です。 もっといいのがひたすらノンビリするのいいですよ。 日本の渚100選にも選ばれたほんとにきれいなビーチです。 でもお泊まりは「イーフビー…

続きを読む

ガラサー山

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 前回、ご紹介したミーフガーが女性のシンボル といわれているのに対し、今回、ご紹介するガラサー山は 男性のシンボルとされ男性が拝むと自信回復につながるそうです。 まんまです。 兼城港のすぐ沖合いに浮かぶ小島で、日暮れになるとカラスの寝床と なったことからガラサー山とよばれています。 島から突き出したような岩柱をもっている…

続きを読む

ミーフガー

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 今日、ご紹介するのは久米島の観光スポットであり パワースポットであるミーフガーです。 ミーフガーは大きな穴が開いている奇岩で、 女性のシンボルとされています。 子宝に恵まれない女性がこの岩に拝むと、 ご利益がある、と古来から言い伝えられています。 「ミーフガー(女岩)」と呼ばれているこの岩は、裂かれたように穴が開いてい…

続きを読む

ピリ辛みそもやし

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 久米島グルメの紹介です。 ほぼ毎日のように「沖縄そば」を食べるのですが 久米島にはとっておきの沖縄そばがあります! やんぐゎーの「ピリ辛みそもやしそば」です。 沖縄そばをベースに久米島味噌をたっぷり使っています。 モヤシも久米島産のシャキシャキのモヤシ。 細いモヤシなのでさらにシャキシャキ! 青ネギも自家製ね。 …

続きを読む

あぁ、沖縄そば巡礼

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 今日はランチのアイドル「沖縄そば」のご紹介。 良く食べに行くそば処に「島そば」というのがあります。 島そばという名前に定義はないのですが 沖縄そばにラフテー(豚バラ三枚肉の煮つけ)を乗せたものです。 ラフテーを煮込んだ時の濃い煮汁が入るので 普通の沖縄そばよりやや出汁が濃くなります。 やっぱり青ネギ、島かまぼこが乗ってお…

続きを読む

5月8日は・・・

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 5月8日は何の日でしょう!? 58=ゴーヤー ゴーヤーの日です! 5月から出荷が多くなり大量に出回るの事もあり さぁ、これからおいしくなるぞ!っと意味も込めてゴーヤーの日を制定しました! ゴーヤーを一躍有名にしたのがこの料理 ゴーヤーチャンプルです。 ゴーヤー、ポーク(ランチョンミート)、卵をチャンプル(炒める)! …

続きを読む

沖縄No.1料理 ソーキそば

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 今日は週に2回は食べるソーキそばの紹介です。 そばはもちろん沖縄そばの事です。 そば粉は使われていませんが「そば」と名乗ることが認められています。 麺は太めでややねじれた感じのものと、きしめんのような平打ちの物があります。 私の愛する久米島の名店「やんぐゎー」は太めのもちもちややねじれです。 出汁はカツオベースで昆布や鶏など店…

続きを読む

雨の日の過ごし方

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 降ったり止んだり、ときおり晴れたり・・・。 梅雨だからしょうがないのですが せっかく沖縄に来られたお客さまにとっては残念です。 ホテルのラウンジは吹き抜けで大きな窓があります。 窓の外はプール エッジレスのプールの向こうには東シナ海。 沖縄関係の雑誌がたくさん置いてありますので おいしいコーヒーでも飲み…

続きを読む

ソーミンチャンプル

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 沖縄の食事で食事でよく耳にするチャンプル。 「チャンプル」はザックリいうと「炒める」です。 代表料理のソーメンチャンプル(そーみんチャンプル)はそうめんを炒めたもの。 感じとしては「塩やきそば」ッぽいです。 茹でたそうめんを野菜やツナ、ポークなどなどとチャンプルします。 ランチによし、つまみによし、夜食によし、まぁなんでも…

続きを読む

雨だって大丈夫。

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 沖縄は4月30日に「梅雨入りしたとみられる」と 天気と同じくスッキリしない発表がありました。 ここ10年で最も早い梅雨入りです。 近頃のランニングブームで久米島でも走っている人をよく見かけます。 久米島にいらっしゃるお客様でも朝夕にスポーツウェアに着替え 出ていかれる方も見かけます。 しかし梅雨に入りあいにくの雨模様 …

続きを読む

ヒラヤーチ・エヴォリューション

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 今回は先日ご紹介しましたヒラヤーチの進化系をご紹介します。 その名もヒラヤーチ・スティック! *久米島にある居酒屋のメニューです。 これはヒラヤーチを細切りにし素揚げしたものです。 サルサソースをつけてスパイシーに頂きます。 沖縄の伝統的な郷土料理を見事にアレンジです。 当然、オリオンビールとご一緒に! b…

続きを読む

遊覧馬車『友遊号』de久米島めぐり

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 沖縄の離島では牛車に乗ってさらに離島へ渡るところがあります。 久米島は馬車で観光をやっています。 要予約なのですがチャンスがあればぜひ体験してみてください。 コースは、波の音を聞きながら海沿いをゆったりと行く『オーシャンビューコース』と サトウキビ畑を通り抜ける『ざわわコース』の2つです。 約1時間、ゆっくりとした久米島時…

続きを読む

中身汁の中身はなんでしょう?

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 沖縄の食堂で見かける「中身汁」の文字 その中身の正体は・・・豚肉の内臓(モツ)の事なのです。 中身汁は豚肉の内臓にシイタケやコンニャクを入れて カツオ出汁のすまし仕立てにしたものです。 この汁の中にそばを入れた中身そばもあります。 でも私が好きなのは「中身イリチー」です。 中身(モツ)とコンニャクなどを塩味で炒め…

続きを読む

ヒラヤーチ

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 沖縄の居酒屋さんで見かける「ヒラヤーチ」 お酒のつまみにもおやつにもなるすぐれもの。 お好み焼きというより韓国のチヂミに似ています。 そのまま食べてもソースをかけてもOK 作り方も簡単 1.小麦粉を水で溶いたものに、ニラ・小ねぎなどあり合わせの材料を混ぜる。 2.フライパンに油を引き、そこに上記の材料を流しこんで焼く。 …

続きを読む

久米島ウミガメ館

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 久米島に来たら抑えなければならない場所・・・バーデハウス! バーデハウスに行けば接している畳石など自然観光スポットも見学できます。 そして隣接する施設に「久米島ウミガメ館」があります。 ここでは絶滅の危機に瀕しているウミガメを保護・研究し、 大小さまざまな水槽での展示を行っています。 大水槽では両手を広げたほどの大きさ…

続きを読む

ラムサール条約

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 久米島にはラムサール条約に登録されている場所があります。 ラムサール条約とは 正式名称:特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約 久米島の渓流・湿地は2008年10月に登録されました。 場所は久米島の北西部に位置する宇江城岳を源流とする渓流、湿地、 森林を中心とする地域です。 面積は2.55k㎡であり、島全体…

続きを読む

かりゆし

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 かりゆしって知ってますか? 沖縄の正装でもあるアロハシャツにに似た沖縄定番ウェアです。 定義としては沖縄で縫製され、絵柄は沖縄に関するもとされています。 ちなみに私の今日のかりゆしの柄は桜とシーサーです。 かりゆしはホテルやレストランの制服はもちろん、タクシードライバーも 銀行員もゆいレール運転手も着用しています。 …

続きを読む

久米島ボタル

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 久米島はいまホタルの見ごろとなっております。 *写真はイメージです。 クメジマボタルは久米島固有のホタルで沖縄県の天然記念物になっています。 世界に久米島だけにしかおらず絶滅の心配もされています。 明減の間隔は2.5~4秒と一定しておらず「ノンビリ型」と言われています。 観察スポットは白瀬川中流しいな橋上流、五枝の松周…

続きを読む

人気のお土産

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 沖縄土産も久米島土産もホントにたくさんあります。 今の私のお気に入りはコレ くめじまの水七味 すっぱ辛い液体スパイスです。 久米島産の島唐辛子 久米島産の天然塩 沖縄産のシークヮーサーなどなど ナンプラーも入っているので旨味とコクもあります。 スープのある麺、ない麺。 サラダに炒め物。 何にでも合いますよ。 …

続きを読む

キニナルキニナル

こんにちはサイプレスリゾート久米島です! 先日の那覇から久米島へのフライトでのキニナル。 翼の近くの席でした。 夕暮れ時でいい感じの海と空をぼんやり眺めていました。 んんん!? なんかキニナル、キニナル! なんか穴あいてねぇか!? おいおい、なんかキニナルんですけど・・・。 まぁ、こんなのは人間の体で言うとウブゲが1本抜けたより まだどうって…

続きを読む

おーい、船が出るゾウ

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 先日、那覇の沿岸をジョギングしていた時の出来事。 宿泊先のホテルを出発し、波の上ビーチの上にかかる橋をわたります。 その際に波上宮がきれいに見えます。(裏からですけど) その橋を渡りきると続いて泊大橋があります。 ここはまだ多少の工事をしていて歩道は海側だけしか通れません。 街側の歩道が渡れるようになれば夜景のきれ…

続きを読む

癒しの場所 ~ひーじゃー編~

こんにちはサイプレスリゾート久米島です。 沖縄の離島で癒しといえば青い海、緑の山々など大自然です。 でも私が最も癒されるのが「ひーじゃー」です! 「ひーじゃー」は沖縄の言葉でヤギの事です! ホテルのすぐ近くにある小屋、歩いて5分です。 のどかでいい風景です。 小屋の中には仔ヤギ達が・・・ 小屋の外ではお母さんのオッパイを3匹の仔ヤギがチューチュー…

続きを読む

アマゾン久米島

皆さん、こんにちは(^^)サイプレスキッチンです。 今週は、先週に続いて、久米島の山巡りに行って来ました。 儀間から、仲里方面に向かう途中の小高い山... チョコッと、脇道に入ると、小さな小川が流れてて、川傍まで降りてみると...  そこは、小さなジャングル(><) 何だか、ハブが出そう(/‐‐)///      見上げると... …

続きを読む

久米島の近海魚達

    こんにちは、サイプレスキッチンです。   ここ、久米島は夏を迎え、だんだんと暑さが増してきてますが、さすがに海に囲まれている島、浜風がとても心地良くふいてます。   さてさて、もう七月、久米島で水揚げされる近海魚の種類も変化がみえてきました。 真ん中の赤い魚がハマダイ、沖縄の方言でアカマチと言います。   煮物や、お刺身に焼き物と、だいたい、…

続きを読む

  梅雨にも負けずに

  ウチの若手の友弥君と、紅一点のふみちゃんです。 早朝から、お客様の朝食を作り、ディナータイムになると、友弥君は、オードブルを、ふみちゃんは、メインディッシュの調理補助と、デザートの仕込みなどを担当します。   それぞれの持ち場で一生懸命にどんどんオーダーをこなしていきます。 友弥君は、持ち前の丁寧さで、綺麗に前菜を仕上げ、ふみちゃんは、女の子らしくかわいいデ…

続きを読む

久米島から新宿へ

こんにちはサイプレス軽井沢です。 久米島での仕事も終わりひとまず新宿へ戻ります。 素敵なラウンジでゆっくり読書ができなかったのが残念です。 久米島空港から搭乗・・・直乗り! ワクワクします 那覇空港に到着、近っ! 3日前はマウンテンバイクで比屋定(ひやじょう)・・・ そして今日は不夜城・・・ 我ながらつまんない

続きを読む

こだわりの塩

こんにちはサイプレス軽井沢です。 今回は久米島の海洋深層水を使ったこだわりの塩の紹介です。 お邪魔したのは久米島の沖縄全薬さんです。 こだわりの土釜製塩法で作るためわずかしか出来ません。 ひと手間もふた手間もかけてカルシウムやマグネシウムを取り除き ピュアな塩に仕上げます。 ↓これが信楽焼の土釜、これで作る塩は日本でココだけだとか。 この土釜の中に海洋深層水入れ塩分…

続きを読む